コラム - 1ページ目 | ドライバー派遣のFAST PLUS
ホーム>コラム

コラム

運送業で働くために必要な普通免許の取得方法と取得条件を解説

運送業で働くため必要な資格、普通免許の取得方法と取得条件を解説
運送業のドライバーは、トラックなどを運転して荷物を配送したり集荷したりします。そのため、運送業で働くためには運転免許の取得が必須です。
 
そこで今回は、運転免許の中で最も基本となる普通自動車運転免許(普通免許)の取得条件や所得方法、運転できる車両についてわかりやすく紹介します。運送業への就職に興味のある方やドライバーの仕事に興味のある方は、この記事を参考にしてください。
 

普通免許とは?

日本の公道で自動車や原動機付き自転車を運転する際には免許の取得が必要です。運転免許にはいくつかのカテゴリーがありますが、運送業で働くためには普通免許を取得しなければなりません。
 

免許取得の条件

普通免許を取得するために、別の資格を取得する必要はありません。取得の条件は、年齢と視力です。
 
普通免許は満18歳以上が条件となっています。教習所に通いながら免許の取得を目指す場合には、18歳の誕生日の2ヶ月前からの入校が可能です。ただし、仮免許の試験を受けられるのは18歳の誕生日を過ぎてからとなっています。なお、普通免許に年齢の上限はありません。そのため、高齢者でも免許の取得は可能です。
 
普通免許には年齢のほかに視力に関する条件があります。両眼で0.7以上であり、片眼でも0.3以上の視力があることが条件です。また、片眼の視力が0.3未満、または見えない場合については、他眼の視力が0.7以上あり、視野が左右150度以上あることが求められます。
 

免許の取得方法

普通免許を取得するためには、自動車の運転スキルをテストする技能試験、標識や交通ルールなどの知識をチェックする学科試験の2つの試験に合格しなければなりません。
 
技能試験は運転免許試験場で行われますが、警察指定の自動車教習所でも技能試験を受けることが可能です。
 
一般的に技能試験に関しては、自動車教習所のほうが運転免許試験所よりもやさしいといわれています。また、試験の前には教習所の用意したコースで運転のスキルを磨くこともできます。費用はかかりますが、スムーズな合格を目指すならば、自動車教習所に通って合格を目指すほうがよいでしょう。
 
一方で、学科試験については現住所で指定している運転免許試験場での合格が必要となっています。自動車教習所へ入校している場合は、教習所で交通ルールの基礎知識を習得できます。
 

免許取得までにかかる期間

自動車教習所に通って免許取得を目指す場合には、1~3ヶ月かかります。また、一部の自動車教習所では、ホテルや寮などに泊まりこみながら合宿形式で教習を行うところもあります。合宿形式の場合では、2週間ほどでの取得が可能です。
 

運送業に就職するために免許を取得する場合にはMT車の免許がおすすめ

普通免許は、マニュアル車(MT車)とオートマチック車(AT車)の2つのカテゴリーがあります。MT車の免許を取得している人はAT車の運転が可能ですが、AT車の免許を取得している人はMT車の運転ができません。
 
AT車の普及に伴って、MT車の免許取得者は年々減少傾向にあります。ただし、運送業で使用するトラックの中にはMT車も多いので、MT車での免許の取得を目指しましょう。
 

普通免許は取得時期によって運転できる車両のサイズが異なる

普通免許は取得時期によって運転できる車両のサイズや重量が異なっています。そのため、すでに運転免許を取得している場合には、どのサイズのトラックの運転が可能なのかをチェックしておきましょう。
 

2007年以前に普通免許を取得した場合

2007年6月1日までに取得した人の免許区分は、普通免許と大型免許、特定大型車の3つに区分していました。
 
普通免許を取得している人は、車両総重量が8,000kg未満であり、最大積載量5,000kg未満、加えて乗車定員が10人以下の車両の運転が可能です。
 

2017年以前に普通免許を取得した場合

2017年3月11日までに取得した人の免許区分は、普通免許と大型免許に加えて、新たに中型免許の区分が制定されました。その結果、普通免許で運転できる車両が限定されています。
 
普通免許を取得している人は、車両総重量が5,000kg未満であり、最大積載量3,000kg未満、加えて乗車定員が10人以下の車両の運転が可能です。
 

2017年以降に普通免許を取得した場合

2017年3月12日以降に取得した人の免許区分は、普通免許と中型免許の間に準中型免許が制定されました。その結果、普通免許で運転できる車両がさらに限定されています。
 
普通免許を取得している人は、車両総重量が3,500kg未満であり、最大積載量2,000kg未満、加えて乗車定員が10人以下の車両の運転が可能です。
 
運送業で使用する車両の中には、以前の普通免許では運転が可能なものの、新しい普通免許で運転できないものがあるので注意が必要です。あらかじめ業者に確認するか、準中型免許や中型免許の取得を目指しましょう。
 

まとめ

普通免許の取得条件は満18歳以上であることと両眼の視力が0.7以上であることです。加えて、技能試験と学科試験に合格しなければなりません。普通免許は取得時期によって運転できる車両のサイズが異なります。運送業への就職を目指す場合には、あらかじめどのサイズのトラックを運転できるのか確認しておきましょう。
 
「FAST PLUS」では、運送業のドライバーに関する就職のサポートをしております。社長自らが厳選した現場だけを紹介しており、すべてのドライバーさんが安心して働くことが可能です。1人で現場を切り盛りできるためのサポートも用意しております。
 
東京都内で運送業のドライバーを目指している方は、FAST PLUSへご連絡ください。
 

需要はますます増加中!運送業の派遣はどんな仕組み?

運送業の派遣はどんな仕組み?
ネット通販の拡大とともに問題となったのが、運送業界の人手不足です。多くの人が通販を利用するということは、それだけ運送業者が必要になるわけですが、急激な通販の増加に、運送業界がついていけなくなったというのが現状です。そこで注目を浴びたのが、運送業の派遣という業務形態。ここでは、運送業の派遣について解説します。
 

運送業の派遣の給料は?

運送業の派遣ということを考えるにあたり、まず何より気になるのが、どの程度の給与が貰えるのかという部分でしょう。まずは給与面についてご紹介します。
 

車の大きさと比例する給料

運送業といっても、使用する車のサイズはさまざまです。軽トラックでできる仕事もあれば、8tトラック、10tトラックなどといった中型免許、大型免許が必要な仕事もあります。また、けん引免許が必要な仕事もあります。
 
基本的には、車が大きくなればなるほど、給料は高くなる傾向にあります。軽トラックよりも2t車、2t車より8t車の方が給与相場は高くなるのです。これは派遣に限らず、正社員採用でも同じ傾向にあります。
 

パートやアルバイトよりも高時給

コンビニのレジ打ちやスーパーの品出しなど、一般的なアルバイトやパートと比較した場合、時給はかなり高い部類の仕事といえるでしょう。もちろん運送業といってもいろいろとあり、いわゆるルート配送のように、毎日同じルートを回って納品をするだけという仕事もありますし、ドライバーでありながら仕事の新規開拓も行う営業ドライバーという仕事もあります。
 
当然ですが、ルート配送のように基本的に運転だけの作業より、自力で顧客を開拓するような仕事の方が給料は高くなると考えて問題ありません。
 

給料面の待遇は正社員と変わらない?

正社員と派遣の違いは、福利厚生や保険加入といった待遇面に現れます。反面給料という点では、正社員も派遣もほぼ変わりません。現状運送業界では圧倒的なドライバー不足であり、派遣といえども作業は正社員同様の作業を行うのが一般的です。そのため、給与面でも大きな差は出ないということになるのです。
 

運送業の派遣には守るべき決まりがある

運送業の派遣は、一般事務の派遣社員とは違い、守るべき決まりがあります。そんな決まりを確認しておきましょう。
 
引っ越し作業のアルバイトや、工事現場のアルバイトなどの場合、日雇いアルバイトという形態があります。時間のある日のみ働き、その日の分だけの給料を受け取るというものです。近年では、飲食店のアルバイトでも日雇いという形態があるようです。
 
しかし、運送業の派遣に関しては、日雇いのような超短期の雇用形態はありません。運送業を派遣で雇う場合、最低でも2ヶ月以上の契約を結ぶことが義務付けられています。特に資格を必要としない仕事ではなく、しかも事故などの危険度もある仕事だけに、最低でも2ヶ月以上仕事を任せられる人のみしか派遣としては雇えないようになっています。
 

運送業の派遣にするメリットとデメリット

運送業を派遣で雇うということには、当然ながらメリットとデメリットがあります。しかも、働く側と雇う側にそれぞれメリットデメリットがあるので、確認しておきましょう。
 

雇う側のメリットとデメリット

雇う側のメリットは、何といっても繁忙期の人員補充が簡単にできるということです。例えば年末、GW前、お盆前などは、企業間の荷物のやり取りが多くなります。また、お中元やお歳暮の時期も、一気に荷物が増える時期といっていいでしょう。派遣なら、こういったピンポイントな時期に合わせた人員補充が可能ということになります。
 
デメリットは、雇った以上2ヶ月以上は雇う必要があるということです。上記のようなシーズンや、大手ネット通販のセール時期といっても1ヶ月も続きません。しかし、派遣とはいえ2ヶ月以内に雇うのを止めることはできないので、その分の出費は必要ということになります。
 

働く側のメリットとデメリット

働く側のメリットは、とにかく仕事が多数あるということです。さらに運送業の場合、都市部に集中して仕事があるということはなく、少々地方に行っても運送業の需要はあるということが、非常に大きなメリットとなります。また、派遣で運送業を行うと、残業や休日出勤があまりないというメリットもあります。自分の時間を作りやすいので、いろいろな計画も立てやすくなるはずです。
 
デメリットは、同じ会社に長く勤められる保証がないということでしょう。もちろん最低2ヶ月間は働けますが、以降は雇う側の都合で契約するかどうかが決まります。安定して働きたいという方は、やはり正社員ということになるでしょう。
 

まとめ

運送業の派遣は、仕事が多数あり、しかも慢性的なドライバー不足から、待遇面も悪くないという非常に魅力的な仕事といえます。派遣で行う運送業では、使用する車のサイズ、行う業務内容など多岐にわたりますので、自分に合った業種を探してみましょう。
 
「FAST PLUS」では、単純にドライバーを派遣するのではなく、まず実際に、その業務を社長はじめ、従業員が経験します。どんな業種か、どんな注意点があるか、効率化するにはどうすればいいかなどを検討してから、最適なドライバーさんに仕事を紹介しています。さらに、紹介したら終わりではなく、不慣れな間は徹底的にサポート。順調に仕事がこなせるようになるまでしっかりとケアをします。
 
運送業に興味はあるけど未経験という方でも、安心して業務に付けるようサポートしておりますので、興味のある方はぜひお問い合わせください。
 

派遣社員として運送業に従事する大きなメリットとは?

派遣社員として運送業に従事する大きなメリットとは?
近年運送業界にも派遣採用のドライバーが増えています。派遣採用と聞くとあまり待遇がよくないと感じるかもしれませんが、運送業に関しては大きなメリットがあります。そんな派遣で行う運送業のメリットについてまとめてみました。
 

派遣社員として運送業に携わるルール

運送業に従事するドライバーを派遣で雇う場合には、守るべきルールがあります。一般事務職などの派遣社員にはこういったルールはありませんので、運送業特有のルールといっていいでしょう。
 

最低2ヶ月雇用

運送業の携わるドライバーに関しては、一度派遣で雇用した場合最低でも2ヶ月雇用しなければいけないというルールがあります。つまり、一度従事したら、最低でも2ヶ月は仕事が約束されるということになります。これは、運送業、ドライバーの場合は、車を運転するという業務の性質上、事故の危険性が高く、簡単に雇ったり、解雇したりということが禁止されているためです。
 

運送業界で派遣社員が必要とされる理由

近年、運送業界にも派遣社員が増加傾向にありますが、なぜこのような現象が起きているのでしょうか? また、特に需要が高まるようなタイミングはあるのでしょうか?
 

ネット通販の隆盛

最大の理由はネット通販やネットオークションなどの利用率が高くなったことでしょう。単純に配送する荷物が増えており、その分ドライバーが必要になったという事情があります。もちろん大手ネット通販の場合、大手の運送業者と業務提携し、配送を行っています。大手の運送業者がネット通販の配送で手一杯になると、これまで大手運送業者が運んでいた荷物は、中小の業者へ依頼されることになります。
 
こうして運送業界が全体的に人員不足になっていき、その不足分を派遣で賄っているというのが現状です。
 

派遣社員が求められやすいタイミングは?

運送業界で、派遣社員を求める声が大きくなるタイミングがあります。まずはGWやお盆、年末年始などの大型連休の前です。大型連休の前は、多くの企業間で荷物のやり取りが増えるため、基本的に忙しくなります。続いて、お歳暮やお中元の季節です。徐々に減りつつあるとはいえ、この時期はやはり荷物が増えるため、ドライバーの数が不足しがちになってしまいます。
 
また、ネット通販などのセールのタイミングも忙しくなります。ただし、このタイミングはバラバラですので、業者によって忙しいタイミングも変わります。それを踏まえると、連休前などのピンポイントなタイミングはありますが、基本的に、年中どこかで人員の補充は発生していると考えていいでしょう。
 

派遣が求められる理由

運送業者は、お中元やお歳暮の時期、連休前、ネット通販のセール時期などは忙しくなります。ただしこれは、ピンポイントのお話です。運送業者にも閑散期がありますので、繁忙期に合わせて従業員を増やすのは、人件費の面でリスクの大きい選択になります。その点、期間限定で雇える派遣は、大きなメリットとなるのです。
 

仕事ぶりが確認できる

もちろん運送業界でも、派遣から正社員登用という道はあります。運商業者にとっては、派遣で一定期間雇うことで、その人の仕事ぶりを確認することができます。どの程度働けるか分からない人をいきなり正社員で採用するより、一度仕事ぶりを確認できる派遣は非常にありがたい制度ともいえるでしょう。
 

運送業において派遣で働くメリット

ここまで雇う側のメリットを中心に紹介しましたが、もちろん働く側にもメリットはあります。そんなメリットを挙げてみましょう。
 

自分の時間を大切にできる

派遣のメリットのひとつとして、休日出勤や残業が少ない傾向にあるということが挙げられます。派遣のドライバーと正社員のドライバーがいれば、残業や休日出勤は正社員に任せる企業がほとんどです。つまり、派遣のドライバーは、比較的契約の時間通りの仕事が可能ということになります。その分自分の時間も増え、休日の予定も立てやすくなるメリットがあります。
 

合わなくても仕事先を変えられる

もし働いている会社が、自分に合わないと感じた場合、正社員では、なかなか簡単に退職の決心はしづらいものです。その点派遣は、契約期間が完了した時点で、他の会社に移るという選択がしやすいメリットがあります。
 
ルート配送をやってみたものの、もっと稼ぐために営業も行う営業ドライバーになりたいと思えば、職を変更するのも難しくありません。
 

まとめ

運送業の派遣は、自分のペースで仕事ができ、自分に合った業態を探しやすいという大きなメリットがあります。さらに正社員登用の道も開けているという点が、非常に大きな魅力です。
 
「FAST PLUS」では、まずどのような業種を希望しているかをヒアリングし、「FAST PLUS」が実際に体験したクライアントの中から、ドライバーの希望に近い会社をご紹介しています。また、契約後も、慣れるまではしっかりとアフターケア致します。私たちとドライバーの皆さんが、一緒になって成長していく会社です。
 
「運送業に興味はあるけど、どんな仕事か、自分に合っているかを試してみたい」という方は、一度「FAST PLUS」にご相談ください。あなたに合った会社をご紹介させていただきます。
 

運送業に年齢制限はある?年齢に合わせた働き方ができる運送業

運送業に年齢制限はある?年齢に合わせた働き方ができる運送業
運送業はずっと続けていくのは難しい仕事というイメージが強いです。年齢制限も他の仕事に比べて運送業はあるのではないかと思っている方も多いのではないでしょうか。実は運送業は年齢制限もなく、年齢に合わせた働き方ができる仕事です。本当に年齢に制限はないのか、運送業の働き方について詳しくご紹介していきます。
 

運送業に年齢制限はある?

結論から言えば運送業に年齢制限はありません。というのも、高齢者雇用安定法の改正で60歳以上の方の雇用を国は推進しています。高齢者というだけで仕事ができないと決めつけるのではなく、継続的に働く環境を整備することが中小企業に求められています。そのため、運送業においては、健康面、運送業に関わる車の運転で問題がないのであれば、働くことができます。
 
年齢制限がない会社では、健康に問題がないのであれば長く働くことができます。高齢者雇用安定法が制定されていますが、定年の引き上げは義務化されているわけではありません。そのため、運送業以外の業種では、年齢制限はないと言っていても、まだまだ60歳で退職せざるを得ない仕事もあります。年齢に制限なく働きたいという方には、運送業はおすすめの仕事と言えるでしょう。
 

中途採用の年齢も高い!

運送業の特徴としては「中途採用の年齢が高い」ということが挙げられます。転職を考えるときに年齢が高いと新しい職種に転職するのはかなりハードルが高いです。30代くらいまでなら転職できるかもしれませんが、40代、さらに50代になれば転職のハードルが高くなります。そのため、現状の職場環境や給料に不満を抱えたまま退職まで我慢して働くという方も多いです。
 
しかし、運送業は中途採用の年齢が高いので40代でも50代でも転職することができます。体力的な面もありますが、仕事ができれば実質、定年制度がない運送業も多いので、長く稼ぐことも可能な仕事です。
 
老後2,000万円の問題が大きく話題になりましたが、60歳以上の方が働く環境を整えている会社はまだまだ少ないです。退職金があるとはいえ、毎月の収入が決まった年金だけでは、長生きする時代では不安が続きます。
 
いつからでも働くことができる運送業に関しては、将来の不安を解消するという点で大きな魅力がある仕事と言っていいでしょう。年齢にとらわれずに働くことができるので、転職を考えたときに運送業も1つの選択肢として入れることをおすすめします。
 

運送業は年齢に合わせて働ける

運送業は年齢に合わせて働くことができる仕事でもあります。魅力的な仕事は平日9〜17時で終わるという条件ではないでしょうか。しかし、実際はシフト制で、毎月どの日にちが休みかわからず、しっかりと休めない、長期の休みがとれないといった仕事が多いです。
 
また、お子さんのいる家庭であれば、お子さんの保育園のお迎えに行きたいのに、どうしても夫婦のどちらかが仕事を制限して、お迎えをしているというところも多いです。多くの仕事は融通がなかなかつかないというのが現実です。
 
運送業は融通がきくため、ライフステージに合わせた働き方をすることができます。例えばお子さんが小さくて、保育園の送り迎えをしたいという場合は、シフトを考えて組んでくれるところが多いです。またしっかりとお金を稼ぎたいという方であれば、頑張った分だけ稼ぐことができます。このように自分の年齢や環境に合わせて必要に応じては働き方を変えることができることは運送業の大きな魅力なのです。
 

失敗しない仕事をすることが重要

運送業は年齢制限もなく、自分の年齢に合わせた働き方ができるのが魅力ですが、残念ながら全ての会社が魅力的というわけではありません。どんな業種でも、ブラック企業というのは存在します。自分で紹介会社を選んで運送業をしていると決まった数しか配送できず、思った以上に稼ぐことができないということがあります。自分の働き方を自由に決めるためには、仕事がたくさんあるということが非常に重要になってきます。
 
そこで「FAST PLUS」では、社長が実際に現場で配達業務を1〜2週間行うことで効率的なルートやお客様の現状を確認します。社長が働きたいと思った現場のみを選ぶため、満足のいく仕事ができます。自分にあった働き方をすることができます。さらに中途採用で仕事に不安があるという方でも万全の体制でサポートするので、安心して働くことができます。
 
運送業は年齢制限もなく、自分の年齢にあった働き方ができる仕事です。だからこそ、最初に失敗しない仕事を選ぶことが何よりも重要です。ぜひ失敗しないためにも「FAST PLUS」をご利用ください。
 

まとめ

運送業は体力的、健康的に問題がなければほとんどの場合、年齢制限なく働くことができます。長生き社会において、長く、しっかりと働ける運送業は魅力的な仕事の1つです。しかし、無理な働き方を強制するような会社を最初に選んでしまうと、長く、自分の思うような働き方をすることができなくなります。
 
「FAST PLUS」のような、社長が厳選した仕事の中から自分にあった仕事を選べる紹介会社を利用しましょう。FAST PLUSではドライバーの夢を応援する会社です。お気軽にお問い合わせください。
 

運送業での働き方にはどんなタイプがある?雇用形態の違いを紹介

運送業での働き方にはどんなタイプがある?雇用形態の違いを紹介
 
これから運送業に携わりたいとお考えの方の中には、どのような働き方が自分に適しているかわからないという方も多いのではないでしょうか。運送業で働くといっても、実際の雇用形態は様々です。
 
今回は運送業の中でも、特にドライバー業に注目して雇用形態の違いを紹介します。働き方についての基本的な知識を得て、自分の理想とするワークライフバランスが実現できるような参考としてください。
 

運送業界で様々な雇用形態が採用されている

近年、仕事に対する考え方の変化に伴い、様々な働き方が提案されています。この流れは運送業界も同様で、雇用形態の多様化が進んでいます。運送業界にはどのような雇用形態があるのでしょうか。
 

正規社員と非正規社員の違い

まず、運送業界での雇用形態は大きく「正規社員」と「非正規社員」の2つに分けられます。一般的に、「正規社員」とは、以下の3つの条件を満たす労働者を指します。
 
  • 直接雇用である
  • 労働契約において雇用期間が限定されていない
  • 就業規則記載の所定労働時間がフルタイムである
 
一般的な共通認識として、以上の条件を全て満たしている労働者を「正規社員」とみなします。この条件に当てはまらない雇用形態が「非正規社員」です。
 
労働時間を元に考えると、「非正規社員」は、さらに「契約社員」「パート」「アルバイト」といった区分に分けられます。また、雇用する側から見ると、「直接雇用」と「間接雇用(嘱託社員,派遣社員)」とに分けることもできます。こうした雇用形態の違いは、法律的に定められたものではありません。
 
したがって、一般的におおよその共通認識はあるものの、個々の企業ごとに詳細な定義や運用ルールは異なります。自分にどのような働き方が適しているか検討する際は、基本的な雇用形態の違いを踏まえた上で、企業の就業規則を注意深く確認することが大切です。
 

様々な働き方:契約社員

「契約社員」には様々な言い方があり、「嘱託職員」「非常勤職員」「臨時社員」「準社員」などです。「契約社員」の働き方の最大の特徴は、労働契約で雇用期間が限定されている点です。つまり、同じ職場で働き続けるには、1年から数年ごとに契約を更新する必要があります。ちなみに、平成25年の労働契約法改正により、有期雇用契約が5年を超えた場合、本人が希望すれば無期雇用に転換できるようになりました。この制度を活用すると、契約社員から正規社員へと雇用契約を変えることも可能です。
 
とはいえ、「契約社員」は、契約が更新されなければ次の職場を探さねばならず、退職金や福利厚生といった面でも正規社員には及びません。有期雇用で常に職を失うリスクを抱えている「契約社員」は、一見不安定な立場に思えます。しかし、「契約社員」は複数の会社を掛け持つことが可能であり、より柔軟な働き方ができる点が魅力です。また、給与面でも契約更新のタイミングでの昇給がありうるため、やりがいにつながります。
 
運送業界のドライバー職において、契約社員は大型・中型・小型トラックのどれでも求人があります。また、宅配や引っ越し、セールスドライバーといった配送業では、契約社員の求人も豊富です。特にトレーラーやダンプカーなどは、ほとんどの企業で正社員のみの募集となっています。
 

様々な働き方:派遣社員

「派遣社員」とは、人材派遣会社と契約している労働者を指します。企業から要請を受けた人材派遣会社が、所属する社員を一時的に企業へ派遣するという働き方です。賃金を支払うのは派遣元の人材派遣会社であり、業務上の指揮をとるのは派遣先の企業という、やや複雑な労働形態になります。
 
企業側にとって「派遣社員」は、常時多くのドライバーを抱えておく必要がない上に、繁忙期など必要な時にだけドライバー不足に対応してもらえるというメリットがあります。近年「派遣社員」の求人は増加しており、労働者側がそれほど厳しい条件を設けなければ、契約が途切れることはまずありません。
 

派遣社員に向いている人

「派遣社員」は拘束時間に応じて賃金が決定します。ですので、人件費を抑えたい派遣先の企業としては、契約社員の拘束時間は正社員に比べて短い傾向にあります。プライベートの時間をより多く確保したい人には適した働き方と言えるでしょう。
 
また、所属する人材派遣会社にあらかじめ希望を伝えておくことで、要望に沿ったクライアントを紹介してもらうことが可能です。ただし、いくら気に入った職場であっても「派遣社員」は同じ企業で長く働くことはできません。裏返せば、常に新鮮な気持ちで働きたい人は、早いサイクルで職場が変わり、労働時間も比較的短い「派遣社員」が向いているといえます。
 

様々な働き方:パート、アルバイト

「パートタイマー」は、パートタイム労働法で「短時間労働者」と定められている働き方です。「アルバイト」を含め、一週間の所定労働時間が、正社員に比べて短い労働者全般を指します。給料は労働時間に応じた時給制がほとんどです。また、運送業界におけるパートタイマーの時給は、他の業界に比べて比較的高めに設定される傾向があります。頑張りに応じた収入を得たい人に適した働き方と言えます。
 

初心者や学生にはパートタイマーがお勧め

人材不足に陥りがちな運送業界では、年間を通してパートタイマーの求人が行われていますが、特に中元歳暮、年度の変わり目は繁忙期で、求人が増加します。こうした繁忙期は夏休みや冬休みの時期と重なるため、学生でもパートタイマーとして働くことが可能です。運送業界に興味がある方は、労働時間が短く、未経験者も多い繁忙期のパートタイマーから始めてみるのもお勧めです。
 

まとめ

今回は、運送業における働き方の基本的な違いについて紹介しました。
 
東京都江戸川区で運送業を営む「FAST PLUS」では、ドライバーの派遣を行っています。社長自ら体験した現場の中から希望に合った派遣先をマッチングするため、お仕事の紹介には自信があります。もちろん、初心者の方でも一人で活躍できるようになるまで、手厚くサポートします。ドライバー業に興味がある方は、是非お気軽にご連絡ください。
 

運送業へ転職するにはどうしたらよいのか

運送業へ転職するにはどうしたらよいのか

転職の際のポイントについて

「車の運転が好き」「運転免許を活かしたい」といった理由で、運送業への転職を検討されている方もいらっしゃるのではないでしょうか。とはいえ、詳しく知らない業界への転職に踏み切るのはなかなか難しいと思います。
 
そこでこの記事では、運送業への転職を検討している方に、転職の際のポイントをご紹介したいと思います。
 

運送業とは

運送業の仕事とは具体的にはトラックのドライバーです。トラックのドライバーの仕事は、荷物を運ぶことが中心で、バスやタクシーなどのように人を運ぶ仕事ではありません。そのため、人の役に立つ仕事というイメージはわかないかもしれません。
 
しかし、トラックのドライバーは、人々の生活に欠かせない存在なのです。普段あたりまえのように利用している宅配便や、スーパーやコンビニなどで商品を購入できるのも、運送業として荷物を運んでくれる人たちがいるからなのです。
 
こうした運送業には、ブラックなイメージがつきまとっています。実際に運送業は、大変な仕事でもあります。たとえば、長距離を移動しなければならないため、長時間休まずにトラックを運転しなければならなかったり、到着時間に間に合うように時間を計算して運転しなければならなかったりと、ただ運転が好きなだけではつとまりません。
 
お客様へ直接届ける宅配便でも、スーパーやコンビニなど店舗への配送でも、到着予定時刻を遅れてしまうと、相手に迷惑をかけてしまうことになります。そのため、予定時刻に到着するために、何時間も休みをとらずに運転しなければならないといったこともあり得ます。
 
到着予定時刻という時間的なプレッシャーと、それに伴う不規則な勤務時間を考えると、肉体的にも精神的にも、大きな負担がかかる仕事だということは認識しておかなければなりません。
 

トラックドライバーになるにはどのような資格が必要か

トラックドライバーなるためには、どのような資格が必要でしょうか。もちろん、普通自動車運転免許や大型自動車運転免許などは必須の資格となります。しかしそれだけでなく、仕事の内容によって運転免許以外にもさまざまな資格が必要になります。
 
たとえば、荷物の積み下ろし作業をするには、フォークリフトを使います。クレーンで荷物を積み込むためには、フックに荷を掛けたり外したりする「玉掛け」という作業が必要になります。「フォークリフト運転技能者」や「玉掛作業者」といった資格は、運送業を行ううえで必要な代表的な資格といえるでしょう。
 
これらの資格をあらかじめ持っていると、運送業に転職するには有利になります。しかし、資格を持っていないとしても、転職に大きな不利になることはあまりありません。
 
運送業界は人手不足に悩んでいます。多くの運送会社で仕事はあるのに、それをこなす人手が足りないという状況が続いています。そのため、資格を持っていない人であっても、採用されるケースが多くなっています。
 
無資格で入社して、会社の経費で資格を取ってから仕事をはじめられるといったことが普通になってきていますので、運送業に転職したいという希望さえあれば、わりと簡単に転職することができるでしょう。
 

運送業の給与相場は

厚生労働省の調べによると運送業で働く人たちの平均年収は、小型・中型などの営業用トラックのドライバーで約415万円、大型トラックの場合で約454万円とされています。
 
また、男女の平均年収を比べると、大型トラックの場合は男性が約456万円、女性が約388万円、営業用トラックの場合は男性が約419万円、女性で約327万円となっています。
 
運送業界の給与体系の特徴は、受け取る給料のうち、固定給の割合が低いことです。つまり、業績や仕事量による歩合制で、給与の額の変動も大きいということになります。
 
しかし、運転免許は年代に限らず有効な資格です。また、運送業界は経験を重視する傾向がありますので、キャリアを積んでいくほど昇給することが多く、大きな会社への転職などの可能性も見えてきます。実力でキャリアを積んでいきたいと考えている人には、おすすめの仕事といえるでしょう。
 

運送業への転職しやすい時代

運送会社の過酷な労働条件や残業代未払いなどの問題がメディアで報じられた結果、今では多くの運送会社がドライバーの確保に苦労しています。
 
労働環境や待遇の改善を図って人手を確保しようとしている運送会社もありますが、人手不足の解消にはほど遠いのが実情です。こうしたことから、運送業には、比較的転職しやすい状況にあるといえるでしょう。
 
ただし、転職のしやすさと転職後に活躍できるかということは、わけて考えておく必要があります。運送業は想像以上にハードな仕事です。そのため、転職しやすいからという理由だけで転職すると、仕事の厳しさについていけず、苦労する可能性もあります。
 
運送業という仕事がどういう仕事なのか、どのような種類の仕事があるのか、しっかりと把握しておくことが重要です。
 

まとめ

運送業界は近年まれに見る人手不足です。運送業で働く人を常に探していますので、転職を考える人にとっては、いいチャンスだともいえます。資格を持っていなくても、会社が資格を取る面倒を見てくれるということは、今まではなかったことですので、それだけ働き手を探しているということです。
 
ただし、運送業はハードな仕事だということは認識しておいてください。転職してから、「こんなはずではなかった」と悔やむ前に、しっかりと運送業のことについて調べてから転職を検討した方がよいでしょう。
 
ドライバー派遣の「FAST PLUS」では、ドライバーを募集しています。社長自らもドライバーですので、ドライバーの気持ちになって相談に乗ることもできます。ドライバーという職業が嫌いになる前に、なにかの役に立ちたいとも考えています。運送業で働きたいと思ったら、「FAST PLUS」までお問い合わせください。
 

運送業の人手不足と対策

運送業の人手不足と対策

「運送業は人手不足だから働かない方がいい」は嘘?

運送業は長時間拘束されて、休憩時間もない、給料も安くて働かない方がいいというように考えている方もいるかと思います。さらに人手不足によって過酷な労働環境になっているのではないか?と思い込んでいるような方もいらっしゃいます。しかし、実際は多くの運送会社で労働環境が改善され、頑張って働くことも、自分のライフスタイルに合わせて働けるようになってきています。
 
今回はそんな運送業の人手不足について詳しく解説していきます。
 

運送業は人手不足?

運送業は、業界別で見ると飲食業界についで人手不足であることが2017年の企業短期経済観測調査によって報告されています。つまり、人手不足は第2位にランクインしているということです。しかし、実際は働く人自体は運送業に関しては変わっていないことがわかっています。
 
人手不足といっても、働く人が極端に少ないというわけではありません。飲食店の場合、就職してもすぐにやめてしまう方が多いですが、運送業の人手不足に関しては働いている人口自体は変化がありません。
 
運送業の人手不足は圧倒的な仕事量の増加が原因です。近年、インターネット通販の利用者が急激に増加し、荷物の配送量が圧倒的に増加しました。そのため、運送業で働く人口自体は変化がないのに、割り当てられる仕事の量が増えたことで、人手不足となっているのです。
 

運送業はなぜ人手が足りない?

運送業は全ての業界の中でもワースト2位で人手不足となっている業種です。どうして人手不足なのか、その理由を解説していきます。
 

不在届の多さ

インターネット通販サイトを利用する多くの利用者のほとんどが再配達を利用しています。そのため、運送側としては再度、配達が必要となるため、非常に効率が悪くなっています。二度手間であればいいですが、3度、4度配達をしているような状況もあります。不在届の多さは人手不足を加速させています。
 

トラックに積める荷物量

トラックに積める荷物の量は決まっています。しかし、その積める量を最大限活用しているトラックは非常に少ないです。実際はトラックにもっと荷物が積めるのに、実際に積んでいる荷物の割合は半分以下となっています。よりトラックの容量と効率を考えた配送をすることで、人手不足解消につながります。
 

インターネット通販

人手不足を加速されている原因は仕事量が人手よりも多いことにあります。インターネット通販サイトは配送業の仕事量を急激に増加させました。その結果、運送業は人手不足になっています。インターネット通販の拡大を止めることはこれからの社会では難しいことであり、日本中の方が利用していることから、インターネット通販の配送量を減らすことは現実的に難しいです。
 
しかし、インターネット通販会社も運送業界の人手不足について懸念しており、多くの対策をしています。
 

人手不足対策がされている事実

人手不足で働くのが大変そうな運送業ですが、多くの会社が働き方改革に取り組んでいます。労働環境改善のために、労働時間、休憩時間の改善がされています。大手運送会社では昼の時間の運送を止めることで、運送業に従事する人たちの昼休憩を確保するといった業務改善がみられています。さらに物流センターが大型化することで人材が確保されやすくなり、配送がより効率的になっています。
 
また再配達に関しても最初から配送時間を指定できるようになったり、事前に配送する時間をお知らせするようなシステムを取りいれたりすることで再配達が減少しています。ドライバーの負担を少なくすることで人手不足を解消しています。
 
このように人手不足が注目を浴びているからこそ、業務の大幅な改善が認められるようになりました。
 

働きやすい運送業を選ぶために大切なこと

大幅な労働環境の改善が見られるようになった運送業ですが、それでも中には頑張って働いているのに、稼げないと悩む方も多いです。そこで利用して欲しいのが「ドライバー派遣」です。ドライバー派遣では運送の仕事を紹介してもらうので、しっかりと働くことができます。派遣会社は会社によってはなかなか条件が合わないケースがあります。
 
「FAST PLUS」では、社長が実際にドライバーとして運送を行うことで、クライアントの現状を確認しています。だからこそ、ドライバーにあった仕事を選ぶことができ、仕事選びを失敗せずにドライバーを続けることができます。人手不足といっても厳選された自分の条件にあった仕事は存在します。自分にあった仕事を見つけるためにも、信頼できるドライバー派遣会社を選びましょう。
 

まとめ

運送業は全ての業界においてワースト2位という人手不足に悩まされています。しかし、人手不足ということが知れ渡ってしまったからこそ、運送業では働き方改革が大きく進んだとも言えます。人手不足のための対策が多くの運送会社で行われ、より効率的に働けるようになっています。
 
「FAST PLUS」では多くのクライアントからの依頼を社長が実際に配達業務を行って、認めた現場のみを紹介しています。そのため自分に合った運送業の仕事が可能です。運送業に興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
 

今後運送業を続けていくことの将来性について

今後運送業を続けていくことの将来性について
さまざまなテクノロジーなどが進化し続けていることによって、これまで当たり前のように存在していた仕事がコンピューターに取って代わられるかもしれない、といわれています。また、需要がなくなってしまうことで、将来的にはなくなる仕事もあるかもしれません。
 
運送業についても、ドローンや自動運転などの発展によっては、必ずしも人間でなくてはならないわけではありません。そのため、今後が気になるところではないでしょうか?そこで今回は、運送業の将来性についてご紹介いたします。
 

運送業とは

運送業というのは、依頼主から運賃をいただき依頼を受け、運ぶことを指します。「運輸業」が正式名称ですが、同義として広く使われている言葉です。ここでよくある間違いですが、運ぶ対象は、荷物だけに限らないという点です。宅配便だけでなく、鉄道やバス、郵便についても運送業というカテゴリーになるのです。これは、いずれも運賃をいただいて運んでいるということに変わりはないためです。
 
私たちが普段当たり前のように生活できているのは、運送業があるからといっても過言ではありません。公共の交通機関である電車やバス、タクシーなどがなくなってしまった場合、移動手段がなく困ってしまう方は大勢いるでしょう。また、スーパーやコンビニ、ネットショッピングなどにおいても、運送業があるからこそ商品が届くため、欠かすことができない存在です。よく使われる例えとして『物流は血管を流れる血液のようだ』というものがあるように、絶え間なく常に流れているものとなります。
 
そう考えると、運送業はなくてはならないもののため、将来は安泰のように思えます。しかし、運送業界ではいくつかの問題を抱えており、将来性に陰りを帯びていることも事実ではないでしょうか。まずはその問題点について挙げてみましょう。
 

問題点その①ドライバーの人材不足

問題点の一つが、人材不足です。運送業のイメージとして、まず挙げられるのは『過酷で拘束時間が長い』というものではないでしょうか。朝早くから働き始め、終わるのは夜遅く、休日は週に一度しかないにも関わらず、それに見合った賃金ではないというイメージです。
 
その昔は過酷な分だけたくさんの賃金をもらうことができたため、体力に自信がある方にとっては、多くの賃金を手にすることができる最高の仕事の代名詞でした。しかし、現代においてはその印象も薄れつつあるのかもしれません。
 
近年では仕事とプライベートを明確にわけてメリハリのある働き方を推奨しているため、このイメージによって、ドライバーとして働こうとする方や業界の定着率などが低下している傾向にあるのです。
 
運送業は、荷物がたくさんあったとしてもそれを運ぶドライバーがいなければ成り立ちません。荷物に関しては、ネットショッピングが主流となったことによって以前よりも激増しているにも関わらず、肝心のドライバーが不足しているというのは、業界にとって由々しき事態です。
 

問題点その②深刻化する過当競争

運送業界には、非常に多くの企業が存在しています。つまり、数多くの荷物を、さまざまな企業が取り合いをしているという図式となります。そこで起きるのが『過当競争』という問題です。荷物を送りたいという人は、まず運送業者へ依頼することを考えますが、その際に、多くの企業の中から依頼先を決めることになります。
 
そのときにポイントとなるのは、運賃とサービスでしょう。少しでも安く、少しでもサービスが手厚い企業へ依頼したいと思うのは当然のことでもあります。そこで企業は、競合他社と比較されても選んでもらうことができるように、運賃を下げたり、低い運賃でもサービスを手厚くしたりしています。その結果、業界全体の利益率が下がってしまうというわけです。
 
この過当競争は、依頼主にとってはメリットでしかないかもしれませんが、業界で働く当事者としては恐怖でしかないでしょう。異常に下げてしまった運賃を正常な金額へと再設定したとしても、依頼主からしてみれば「値上げ」と捉えられてしまいかねませんし、時間指定などのサービスをむやみに削ることもできません。
 
しかし、このままいくと利益が少なく業務が多くなる一方ですので、先述のようなドライバー不足を悪化させることにもなりかねないのです。とはいえ、最近では過剰なサービスを見直しつつ、お客様のニーズに合ったサービスを継続する方法を模索している傾向にもありますので、業界全体で取り組むことで十分改善できる問題だといえるでしょう。
 

今の世の中に物流は不可欠!

運送業界の抱える問題についていくつか挙げてみましたが、いずれにしても運送業界の将来性は、心配不要といっても差し支えないでしょう。もちろんドローンなどの機械などを活用して物流がより効率的になるという未来が待っているでしょうが、人間ではなく完全に機械が行うようになるという日は、まだまだ先の話です。また、物流というものは世の中に欠かすことのできないものでもありますので、そうした要素を踏まえると、将来性は十分にあるといえるでしょう。
 
たしかに肉体労働ですので過酷な面はあるかもしれませんが、運動不足の解消になるというメリットにもなります。また、多くの企業が歩合制を採用していますので、頑張った分だけ賃金にも反映されるというとてもやりがいのある仕事です。何より、直接的に誰かの役に立っている仕事でもありますので、そうした志をお持ちの方にとって適しているといえます。
 

まとめ

運送業の将来性ですが、まだまだ安泰といえます。機械に取って代わられる未来はすぐというわけでもありませんし、業界自体がなくなってしまうということは、現状は考えられません。これからドライバーとしてやりがいのある仕事を始めようとお考えでしたらまだまだ遅くありません。
 
「FAST PLUS」では、これから始めようという方や、ドライバーとして望む働き方をしたいという方をしっかりとサポート致します。お悩みでしたらまずはお問い合わせください。
 

運送業で無理のない就業時間で働くために知っておくべきこと

運送業で無理のない就業時間で働くために知っておくべきこと

運送業の就業時間は?

運送業で働こうと検討している方は、運送業の就業時間についてルールが定められていることをご存じでしょうか。このことを知っておかずに運送会社で働くと、国の法律で定められた就業時間を大きく超えて働かされ、最悪の場合は過労死になってしまうことも考えられます。
 
このような事態を回避し、健全な環境の職場で働くためにどうすればよいかを本記事ではご紹介します。
 

運送業の平均就業時間は

運送業の平均就業時間はどの程度なのでしょうか。年齢によって差がありますが、一般的には月に210時間と言われています。1月に210時間といってもぴんと来ない方もいるでしょう。1日に換算すると、9〜10時間程度働くことになります。8時間労働を基準に考えると、9時間労働は少し多い印象を受けるのではないでしょうか。
 
しかし、これはあくまで平均です。運送業によっては10時間以上働かされていることもあります。労働時間の長い会社で働いていると、体を壊す可能性があるので、運送業のルールを知って健全な運送会社を見分けるようにしましょう。
 

ドライバーの拘束時間

運送業ではドライバーの拘束時間というものが定められています。拘束時間=運転する時間ではありません。荷待ち、荷下ろし、休憩、運転全ての時間をトータルしたものが、拘束時間になるということをまずは覚えておきましょう。
 
拘束時間の限度は、1日あたり13時間以内と定められています。しかし時にはどうしてもそれ以上拘束する必要がある場合もあります。そのような場合15時間まで延長が可能です。しかし、週に2回までと定められているので、この時間内でしっかりできているかどうかをチェックするようにしましょう。
 

運送業の実態

このようなルールが定められている中で、運送業者の中には拘束時間を守らないケースがあります。ブラックな運送会社とホワイトな運送会社を比較して、運送会社の就業時間の実態を紹介していきましょう。
 

ブラックな運送業

ブラックな運送業になると、荷待ち、点呼、渋滞による遅れなどは拘束時間としてカウントしないとしている会社もあります。このような会社では、拘束時間を守らないばかりではありません。
 
荷物が時間通りに到着しないとドライバーにペナルティを課すこともあり、結果的にドライバーは無理な働き方をせざるを得ないことがあります。
 
当然、ブラックの運送会社の給与は決してよい手当とはいえません。このような場所で働いても体力を削って失うものが多いので、絶対にこのような会社で働かないようにしましょう。
 

ホワイトな運送業

一方でホワイトな運送業はドライバーの安全を最優先にして労働環境を整備しています。無理な運転をさせないために、ドライバーを充実させるだけでなく、拘束時間を遵守している場合が多いと言えるでしょう。
 
このような会社で働けば、ドライバーも安心して働くことができるので、命を落とす危険性もなく、安心して働くことが可能です。
 

良い運送会社の見分け方

運送業で就業時間を守る優良な会社を見極めるためには、応募時に良い企業が悪い企業かを判断する必要があります。これから運送会社で働こうと検討しているドライバー志望の方は、次の点を意識して会社選びをするようにしてください。
 

離職率が低い

良い運送会社は離職率が低く、古参のドライバーが多く定着しています。運送会社でベテランと呼ばれるドライバーが多い会社は働きやすい環境が整っているので、面接時にベテランのドライバーがどの程度いるのか確認してみましょう。
 
ネットで求人サイトを閲覧している方は、離職率などのデータを紹介しているケースもあるので、このような会社を優先的に選ぶようにしてください。
 

給与がよい

ドライバーの給与がどの程度もらうことができるかを求人の段階で判断すると有料会社を選ぶことができます。この時、給与だけで判断するとブラックな会社を引き当ててしまう恐れもあるので、必ずチェックする際は、給与と離職率を合わせて確認するようにしてください。
 

ドライバーが充実している

ベテランドライバーの数だけでなく、ドライバーの数もチェックしましょう。トラックの台数に対し、何人ドライバーがいるのかを必ず確認するようにしてください。ドライバーの数が同じ、下回っている場合はドライバーに何かあった際、代わりに働く人がいない場合があります。
 
このような会社では、体調不良でも無理に働かせられることがあるので、必ずドライバーの数も確認しましょう。
 

口コミをチェックする

就業時間が少ないと設定している会社の中でも、実際はそれ以上働かせていることもあります。口コミで働いたことのある人が実態を紹介していることもあるので、必ず応募する際は口コミもチェックするようにしてください。
 

まとめ

運送業で働こうと検討している方で、確実によい会社で働きたいという方は、「FAST PLUS」にご相談ください。あなたの能力に合わせて最適な仕事先をご紹介させていただきます。ドライバー希望の方からのお問い合わせを心よりお待ちしております。
 

運送業で働くならどのような資格が必要?運送業に必要な資格まとめ

運送業で働くならどのような資格が必要?運送業に必要な資格まとめ
運送業で働く場合、どのような資格が必要になるでしょうか。まずは自動車の運転免許が必要なことはわかります。ただし、一口に自動車免許といっても、大型のトラックを運転するには、普通自動車免許だけでは足りません。
 
そのほかにも、運ぶ荷物や会社によっては運転免許以外の資格も必要とされます。そこでこの記事では、運転免許を含め、運送業界で働く際に必要となる資格を紹介したいと思います。

運転免許

運送業で働くには、まずは自動車の運転免許が必要です。運転免許にもいくつか種類があってそれぞれ運転できる自動車が異なります。そこでまずは、運送業で働くために必要な運転免許の種類を紹介していきます。

普通自動車免許

普通自動車免許は、運送業で働くうえで必須の免許と言ってよいでしょう。取得できるのは満18歳以上の方で、車両総重量3.5トン未満、最大積載量2トン未満の車両を運転することができます。
 
この上限は2017年3月12日以降に、免許を取得した人が対象です。道路交通法はたびたび改正されていて、免許取得の時期によって運転できる自動車の上限が変わっています。
 
たとえば、2007年6月2日~2017年3月11日の間に取得した方は、最大総重量が5トン未満、最大積載量3トン未満の車両を運転することができます。
 
また、2007年6月1日より前に取得した方の場合は、車両総重量8トン未満、最大積載量5トン未満の車両を運転することができます。
 
これらの違いは運転免許証に記載されていますので、自分が運転できる自動車を確認する場合は、運転免許証を見るとよいでしょう。
 
なお、普通自動車免許の場合、乗員定員は10人以下と定められています。11人以上が乗車できる自動車の運転はできないので注意してください。

中型自動車免許

中型自動車免許は4トントラックやスクールバスなどの運転をする場合に必要な運転免許です。中型自動車免許で運転できる車両は車両総重量7.5トン以上11トン未満、最大積載量4.5トン以上6.5トン未満の自動車で、乗員定員が11人以上29人未満の自動車となっています。
  
中型自動車免許の取得条件は満20歳以上で、普通免許か大型特殊免許を有していることと、2年以上の免許経歴があることです。

大型自動車免許

大型自動車運転免許は、中型自動車運転免許では運転できない車両総重量11トン以上、最大積載量6.5トン以上、乗員定員も30名以上の車両を運転することができます。そのため、運送会社は大型自動車免許の資格を持っている人を必要としています。
 
大型自動車免許の取得条件は満21歳以上で、普通自動車免許か大型特殊免許を有していることと、通算3年以上免許経歴があることです。
 
なお、普通自動車免許はMT車の免許が必須で、AT車限定の免許を持っている場合は、自動車教習所で技能教習が4時間追加されます。

けん引免許

けん引免許の取得条件は、普通自動車免許、大型自動車免許、大型特殊免許を所持している18歳以上の方です。
 
けん引免許を所有していると超大量輸送を可能にするトレーラーを運転できますので、運送業で働くには重要な資格となります。
 
けん引免許自体を取得することは比較的簡単なのですが、運送業で使用されるトレーラーは非常に大きく、連結部分からトレーラーの最後端までの長さは最大12メートルにもなるため、運転するには相当な技術力が必要です。
 
トレーラーを運転できるようになると、賃金は大型トラックを超えます。運送業で最も稼ぐことのできる資格のひとつですので、運送業で働くのであれば取得するとよいかもしれません。

その他の資格

運送業で働くうえで、自動車免許以外で役に立つ資格にはどういったものがあるでしょうか。ここでは運送業で働く際に役に立つ資格を紹介したいと思います。

玉掛作業者

重い荷をつり上げるクレーンは、建設工事だけでなくいろいろな作業で使われています。このクレーンのフックに、荷を掛けたり外したりする作業を玉掛けといいます。
 
玉掛作業者は、運送業で働くために役に立つ資格です。受験資格は18歳以上ということだけですので、基本的には自動車免許を取得できる方であれば誰でも取得可能です。玉掛作業者は取得が容易なうえ、他業種でも活用できるため、おすすめの資格といえます。

フォークリフト運転技能者

フォークリフト運転技能者も、玉掛と同様に運送業で働くうえで重要な資格です。
 
近年の運送業界では、パレットを使用してフォークリフトで積み下ろし作業をすることが多くなっています。ドライバーが荷積みや積み下ろしをさせられることも多いため、取得しておくとよいでしょう。
 
受験資格は18歳以上という年齢制限だけですし、試験自体もあまり難しくありませんのでおすすめの資格です。

まとめ

運送業界は近年まれに見る人手不足です。運送業で働く人を常に探していますので、運送業に興味がある人はこれらの資格をとって運送業をはじめてみるのもよいかもしれません。
 
ドライバー派遣の「FAST PLUS」ではドライバーを募集しています。この現場なら自分が行きたいという現場のみを厳選し、社長自らが実際の配達業務を体験して、現場の状況や効率のよいルート、お客様の現状を確認しています。運送業で働きたいと思ったら、「FAST PLUS」までお問い合わせください。